都議会第四回定例議会が終わりました。


12月15日 本会議 藤田りょうこ都議の討論(全文)

今定例会では、都議になってはじめて本会議で発言をしました。とても緊張しました。

私が行ったのは「討論」と言い、12月1日から15日までの定例議会で、どのような議案や条例が提案されたか、東京都や知事はどのような対応をしてきたか、情勢に対する都の対応はどうだったか、といった発言をする場です。

小池知事からも直接ヤジが!                          小池知事は「都政改革の一丁目一番地が情報公開」と言い続けてきました。しかし、東京五輪の選手村用地(都有地)が1200億円値引きされて民間デベロッパーに売却した問題で、どのように価格評価したのか情報公開請求したところ、肝心な部分が黒塗り!私が討論で情報公開を求めて知事の方を向くと、「わからないのよ」と一言‼️         黒塗りの資料は誰かが黒く塗ったのであり、初めからわからないはずはありません。黒塗りを外す努力を求めるものです。

引き続き都民要求実現に全力‼️                        来年度は国民健康保険の制度改革、医療制度と介護制度の同時改訂など、都民の暮らしがかかった課題が山積しています。引き続き都民のいのちと暮らしを守る政治実現に向けて、全力で頑張ります❗

都議会議員、一ヶ月。


 日本共産党都議団として活動を始め、はや1ヶ月。公約実現にはスピードが大切、選挙の10日後には団会議が開かれました。
国保料の負担軽減のためには、住民の実態をリアルにとらえる必要があると、さっそく調査を開始。みなさんとつながる機会が増え、楽しく飛び回っています。
8月8日には臨時議会が開催され、私は念願の厚生委員会に決まりました!
築地市場の豊洲移転問題では、速やかに議論ができるよう、「市場問題特別委員会の設置」を、自民・共産・民進・維新で共同提案しました。これに対して、都民ファや公明は議会のチェック機能を果たさない態度で反対しました。これまでの姿勢からは手のひらを返すような言動に、「小池ファースト」「自分ファースト」と感じざるを得ませんでした。
いよいよ総選挙です!
今こそ、日本共産党を大きく伸ばし、市民と野党の共闘で安倍政権を倒しましょう!

(写真は、8月4日の街頭演説【上】と8月15日の終戦記念日宣伝【下】です)