やっぱり築地は現在地再整備を!


都政報告会で多くの意見・要望が出される

4月14日、大田区消費者生活センターにおいて34名の参加で、都政報告会を開催しました。45分という持ち時間で、都議会議員になってからの活動と、日本共産党都議団が追求してきた問題について報告しました。参加者は日頃から政治に関心のある方が多く、地元大田区の蒲蒲線問題や都営住宅の新規建設の要望、築地の文化について質問や要望が出されました。

築地市場の文化とは

質問でも触れられたので、ここで改めて築地市場の移転問題における「築地の文化」について、これまで共産党都議団が行ってきた議会論戦を紹介いたします。

小池都知事は築地市場の跡地で「環状2号線の整備」「オリンピックの輸送拠点」「築地ロケーションや歴史、文化などのまたとない魅力を最大限に生かした再開発」を行うとしています。しかしこのどれも、築地市場が移転しなければできないものではありません。そもそもの移転理由は「建物の老朽化」ですが、この建物を含めた築地市場の文化的価値について、多くの専門家が評価しています。

モダンなレンガ造りの築地場内

 著名な築地市場研究者であるハーバード大学のテオドル・ベスター教授は、築地市場は完璧な社会的環境が出来上がっている市場であり、だからこそ、これほ長い間すぐれた市場として継続することができたと強調し、豊洲新市場に移転したら、日本の文化的遺産が消えてしまうことになりかねませんと述べています。知事は昨年の定例会で「脈々と築かれてきた築地ブランドは、東京の大切な宝物である」と答弁しました。今年の定例会では、この答弁に基づいてどう行動するのか質すと、「一つの見解」として述べたことであると責任逃れをしました。

「世界の潮流は古いものをこわさない」

 また、ユネスコの諮問機関であるイコモスは、築地市場を日本の20世紀遺産に選定しました。日本イコモス国内委員会のワーキンググループ長であり、学校法人工学院大学理事長の後藤治教授は、日本と世界にとって都市計画上、非常に重要な建造物だとして保存を強く訴えていました。後藤教授は、世界の潮流は、古いものを壊さず、仕事をしながら再生する、新しい魅力を作り出すことだと強調しています。

 築地市場のアーチ形の建物は、数年ごとに業者の店舗替えを行う際改修を繰り返してきましたが、石原知事になって以降、16年間一度も行っていません。東京都が意図的に老朽化を野放しにしていると言っても過言ではありません。またこの間多くの建築家が、営業しながら再整備が可能とし、経費も以前より抑えることができるようになっています。築地市場については移転ありきで議論していますが、文化を守る観点での検討をもっと行うべきです。銀座の一等地にある築地市場。そこにある日本の文化遺産を、儲けのために壊してはいけません。

築地市場のアーチ型建造物を取り囲む銀座の高層ビル群

都議会第四回定例議会が終わりました。


12月15日 本会議 藤田りょうこ都議の討論(全文)

今定例会では、都議になってはじめて本会議で発言をしました。とても緊張しました。

私が行ったのは「討論」と言い、12月1日から15日までの定例議会で、どのような議案や条例が提案されたか、東京都や知事はどのような対応をしてきたか、情勢に対する都の対応はどうだったか、といった発言をする場です。

小池知事からも直接ヤジが!                          小池知事は「都政改革の一丁目一番地が情報公開」と言い続けてきました。しかし、東京五輪の選手村用地(都有地)が1200億円値引きされて民間デベロッパーに売却した問題で、どのように価格評価したのか情報公開請求したところ、肝心な部分が黒塗り!私が討論で情報公開を求めて知事の方を向くと、「わからないのよ」と一言‼         黒塗りの資料は誰かが黒く塗ったのであり、初めからわからないはずはありません。黒塗りを外す努力を求めるものです。

引き続き都民要求実現に全力‼                        来年度は国民健康保険の制度改革、医療制度と介護制度の同時改訂など、都民の暮らしがかかった課題が山積しています。引き続き都民のいのちと暮らしを守る政治実現に向けて、全力で頑張ります❗

都議会議員、一ヶ月。


 日本共産党都議団として活動を始め、はや1ヶ月。公約実現にはスピードが大切、選挙の10日後には団会議が開かれました。
国保料の負担軽減のためには、住民の実態をリアルにとらえる必要があると、さっそく調査を開始。みなさんとつながる機会が増え、楽しく飛び回っています。
8月8日には臨時議会が開催され、私は念願の厚生委員会に決まりました!
築地市場の豊洲移転問題では、速やかに議論ができるよう、「市場問題特別委員会の設置」を、自民・共産・民進・維新で共同提案しました。これに対して、都民ファや公明は議会のチェック機能を果たさない態度で反対しました。これまでの姿勢からは手のひらを返すような言動に、「小池ファースト」「自分ファースト」と感じざるを得ませんでした。
いよいよ総選挙です!
今こそ、日本共産党を大きく伸ばし、市民と野党の共闘で安倍政権を倒しましょう!

(写真は、8月4日の街頭演説【上】と8月15日の終戦記念日宣伝【下】です)