上池台の水害対策


大田区上池台3丁目は、1時間に50ミリ以上の雨が降ると、毎回のように床上浸水が発生していました。一昨年の私の質問に対し都は、「2016年から75ミリの降雨に対応する施設整備を実施しており、2019年度末までに一部完成した下水管を暫定的に稼働させるなどして効果を発揮していく」と答弁していました。
早期に効果を発揮させる目的で、大田区立小池小学校南側の地下に、直径1m、延長250mの下水道管を先行整備し、今年1月から稼働させていることがわかりました。これにより上池台3丁目付近で多発している浸水被害の軽減が期待できます。