いのちと暮らしを守る都政を実現しよう!


都民を欺く小池都政から、正直・公正な宇都宮都政へ!

コロナ危機は、長年にわたる自民党・公明党中心の都政が、東京の感染症対策を脆弱にしてきた問題点を浮き彫りにし、都政の在り方を根本から転換することを求めています。

日本医師会長も「競争や効率重視の新自由主義の影響が医療機関にも及んでいる」と警鐘を鳴らしていますが、小池知事はこの期に及んでも、都立・公社病院の独法化方針を変えようとしません。

4年前、小池知事は「東京大改革」を掲げて、「反自民」の改革者として振る舞い、都民の期待を集めましたが、自らの公約を投げ捨て、数のごまかしで都民を欺くなど、都民を裏切り続けてきました。

この都知事選挙は都政の大転換を図れるチャンスです。日本共産党都議団は正直・公正な宇都宮けんじさんを都知事に押し上げ、都民のいのち・暮らし・福祉最優先の都政を実現するために全力を尽くします!

宇都宮けんじさんと大田区都議補選予定候補の松木かりんさん(立憲民主党)
都知事候補の宇都宮けんじさんと大田区都議補選予定候補の松木かりんさん(立憲民主党)

6月14日(日)蒲田駅西口にて