障害者に寄りそい 京急蒲田駅ホームの安全を


 昨年、京急蒲田駅には可動式ホームドアが設置されましたが、普通電車が停車する2、5番線については、固定式ホーム柵になっています。
視覚障害者の方がホームから転落し、なくなる事故が相次いでいますが、固定式ホーム柵では車両のドアにあたる部分に柵がないため安全対策にはなりません。また、視覚障害者団体の方は「ホームドアになっていると思い安心して歩くため、2、5番線になって突然切れ目が生じるのはかえって危険」と話しています。
国や東京都は可動式ホームドアに対して補助金を出しており、来年度は拡充する予定ですが、視覚障害者の声にもとづいた安全対策が講じられる必要があります。

※京急蒲田駅5番線、固定式ホーム柵の視察の様子(1月31日)