公立・公的病院を守るよう党都議団で都に申し入れました


 共産党都議団は10月25日、都に対し「公立・公的病院の再編統合等に関する申し入れ」を行いました。
先日厚労省が再編統合について特に議論が必要だとする病院のリストを公表しました。都立では神経病院が名指しされていますが、神経病院は全国から患者が来る難病の専門病院です。
都内では計10病院がリストに載っていましたが、どれも地域になくてはならない病院です。厚労省の分析結果は実態とかけ離れており、撤回を求めるべきです。

※申し入れの様子。中央左、申し入れ書を渡す藤田(10月25日)