選択的夫婦別姓 制度を求める請願が可決 自民党だけが反対!


実現へ大きな前進

夫婦同姓を法律で義務付けているのは、世界で日本だけです。結婚時に苗字を変えているのは96%が女性であり、国連の女性差別撤廃委員会も、法律で同姓を義務付けることは女性差別であり改正すべきと勧告しています。日本で夫婦別姓を選ぶと、配偶者控除が受けられない、子どもが戸籍上「非摘出子」という扱いになるなど、多くの不利益があります。

今回、全国で同様の請願が採択されており、実現に向け大きな前進です!